クリニック向け診察予約システムの7つのメリット

近年のインターネットの普及により、航空券、ホテル、映画館などではインターネットでチケットを事前予約することはもはや当たり前だと言えます。多くの人は、わざわざ電話をかけて電話受付スタッフに空席状況を確認してもらい予約調整をするという行為を好んでおりません。同じ状況を診察予約に当てはめて考えてみましょう。

クリニックの受付スタッフは、Web予約受付を利用することで予約情報の管理を効率的に行うことができます。仕事の効率化し生産性を高めることで、患者さんの診察満足度を高める活動に時間を割くことができ、より良い診療体験を提供する余裕が生まれます。

紙の診察台帳に手書きで予約情報を記録する行動は、医療スタッフの多くの時間を奪います。患者さんから電話で予約をうけ、紙の診察台帳に予約情報を記入し、場合によっては診察事前に予約の確認電話をする。あるいは、予約のキャンセル内容を登録して、キャンセル後には再度別日の予約時間を聞いて登録する。こういった作業で医療スタッフの時間が使われてしまいます。

診察予約の情報登録を便利にすることで医療スタッフの業務負荷を下げて、その結果として患者さんと接する機会を増やすことができ患者さんの診察満足度の向上につながるかもしれません。

当記事ではクリニックで診察予約システムを利用する際の7つのメリットを紹介します。

 

1. 医療スタッフの仕事の生産性があがる


医療スタッフが紙とペンを使った予約日時調整をする必要がなくなり、診察時間内における医療スタッフの仕事時間を患者さんの満足度を高めるための行動に使えるようになります。

2. 患者さんに対して利便性をもたらす


Web予約により診察時間外の早朝や夜中の時間帯だけではなく、休診日でも診察予約をすることができます。いつでも患者さんの好きなタイミングで診察予約ができることは、日中多忙な生活を過ごす人々に対しては非常に便利な仕組みです。

3. 予約キャンセル常習犯の患者さんに注意を払うことができる

診察直前のキャンセルや無断キャンセルはクリニックにとっては大きな問題です。常習的な予約キャンセルを行う患者さんに対しては、オンライン予約の受付を制限したり、診察前の事前確認を注意深く行うことで、突発的なキャンセルを抑止することができます。

4. いつでも予約情報にアクセスできる


予約情報をインターネット上のデータベースに保存することで、インターネットにつながる環境であれば場所や端末問わずいつでも予約情報を確認することができます。受付カウンターに設置したパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末からも予約情報を見ることが可能になります。  

5. 予約情報を安全に管理できる


患者さんの予約情報を暗号化してオンライン上で管理したり、患者さん情報を閲覧できる者に制限をかけることで、安全に個人情報を管理することができます。紙の予約台帳を診察受付カウンターに置きっぱなしにして誰かに見られるというリスクを回避できます。

6. 診察業務が効率化される

手作業での予約情報管理から解放されることは、患者さんに対してより良いサービスを提供することにつながります。患者さんが来院した時に電話予約受付をしてお待たせをしていた状況が解消されスムーズに患者さんを迎えることができるだけでも、患者さんに対する診療満足度は大きく変わります。

7. 無断キャンセルを減少させる


予約確認のメールを自動送信することで患者さんが自分の診察予約を再確認し、予約のうっかり忘れを防ぐことができます。

まとめ


診察予約の日程調整が効率化されて計画通りに診察が行われることは、医療機関と患者さんの両者にとって好ましいことです。医療スタッフが事務作業にかかりきりにならず患者さんに向きあう時間を多くつくるためには、診察予約システムの導入が一つの手段になるかもしれません。

 

※診察予約システムについて、もっと知りたい方はこちらの記事をご参考ください。

「診察予約システム」の価格・メリットを徹底比較 | 主要製品33選の特徴調査

 

prodoctor 診察予約

Leave a Reply