開業医必読!クリニック経営で役立つインターネットマーケティングの基礎

医療業界のインターネットマーケティングは変化が激しく複雑です。成果を出すマーケティング活動を行うためには2つの重要なポイントがあります。

まず1点目に明確なゴールが設定されていることです。目的が正しく設定されていないと効果測定もままならなくなります。そして、マーケティングキャンペーンにおいて2点目の大事な要素は時間です。高品質なトラフィックは時間をかけた徹底した調査、綿密な計画、確かな実行によって獲得することができます。

インターネットマーケティングは直近10年間で急成長を遂げた手法で、耳慣れない言葉も多いかと思います。当記事ではインターネットマーケティングにおける基礎となる知識を紹介します。

1. ウェブサイトへの来訪者の獲得方法


患者さんが自院のウェブサイトに到達するには、主には以下5つの方法が考えられます。

  • 検索自然流入(SEO): 検索結果の上位に表示されるウェブサイト
  • インターネット広告: インターネット広告を打つことによって検索結果の最上位に表示
  • ソーシャルメディア: Facebook、LinkedIn、Google+などのSNS
  • URL直打ち: URLを直接ブラウザからアクセス
  • リファーラル経由(紹介): 知人、友人などからの紹介

ウェブサイトが人々の目にふれるようになるには時間がかかります。インターネット広告を出稿することで、情報を人々に届けるまでの時間を大幅に短縮することができます。

インターネット広告は、その出稿を停止した瞬間にウェブサイトへの来訪者はいなくなってしまいます。より計画的な方法でサイト来訪者を獲得する手法のひとつとして検索エンジン最適化があり、こちらの方が長期に渡りサイト来訪者の数を維持することが期待できるでしょう。

2. 検索エンジン最適化


Googleなどの検索サイトを日常的に利用する方は多いと思います。
検索エンジン最適化とは、Googleなどの検索結果において自身のウェブサイトをより高い順位に表示させることを狙った施策です。SEO(search engine optimization)と一般的に呼ばれています。

検索結果の表示順位はウェブページのロード時間、ページ構成、モバイル対応の有無、掲載情報の品質など様々な要素を総合的に評価して決定されると言われています。SEOの技術的な要素に習ってウェブページを作成するのが本質的なSEO施策と言えるでしょう。

検索サイトを利用する人がどのようなキーワードで検索をしているかを知ることが重要です。個々のウェブページにそのキーワードを盛り込んだコンテンツを用意しましょう。時間が経過するに従い、ウェブサイトへの来訪者が自然に増えてくることが実感できるはずです。検索サイトに評価され良い検索順位に入ることによって、広告費をかけずにより来訪者の多いウェブサイトを構築することができます。

3. インターネット広告


クリニックのウェブサイトが美しいデザインで有益な情報にあふれたものであったとしても、ちゃんと周知する手立てがなければ、人がどうにかして見つけてくれるのを、運を天に任せてただ待つしかありません。

制作したウェブサイトがGoogleなどの検索サイトに掲載されるまでは時間がかかります。一時的にウェブサイトへの来訪者を増加させるため、予算は必要になりますが検索連動型広告を使ったキャンペーンを打つことを推奨します。キャンペーンが行われている間にウェブサイトの検索エンジン最適化を行いましょう。

4. ウェブサイトコンバージョン


ウェブサイトに人を誘導出来てようやく道半ばです。ウェブページは何かの目的を達成するための手段として制作されます。一般企業であれば商品やサービスの販売、取引先開拓、人材採用などを目的としてウェブページが存在することが多いです。クリニックの場合ですと自院の存在や特徴を告知し診察予約を得ることが目的となることが多いでしょう。

ウェブサイトへの来訪者を増やす努力に対して、ウェブサイト上で明確でわかりやすいコンバージョンへの道筋(例:診察予約ができるなど)が用意されていないと、せっかくウェブサイトにたどり着いてもすぐに離脱してしまいます。

また、ユーザ体験とデザインを軽視してはいけません。診察予約システムの受付ボタンや予約問い合わせの電話番号などはウェブサイトの分かりやすい部分に配置しましょう。診察を希望してウェブサイトに訪れた人がストレスなく診察予約ができるようにすることで、ウェブサイトの途中離脱者を減らすことができるかもしれません。

まとめ


多くのクリニックは自院のホームページを制作しているでしょう。しかし、せっかく作ったホームページでも来訪する人がいなければ意味がありません。

検索エンジン最適化やインターネット広告の出稿によりウェブサイトに訪れる人の数を増やして、診察予約や問い合わせをしやすい画面レイアウトに工夫することで、より効果的なインターネットマーケティングが可能となるでしょう。

 

prodoctor 診察予約

Leave a Reply