歯科クリニックが医療システムを導入する時の5つのポイント

電子カルテやレセコン、診察予約システムなどの医科・歯科業界に特有のシステムが世の中には存在します。歯科クリニックを経営する方は、このような歯科向けのシステム導入をする際に悩んだ経験をした人も多いでしょう。

老舗のシステム企業から新進気鋭のインターネット企業まで、さまざまな会社が歯科クリニック向けのシステムを提供しており、IT領域の専門家がいないクリニックにおいてはどのような観点でシステムを選択すればよいか分からないという声をよく聞きます。

当記事では、歯科クリニックが医療システムを導入する場合に考慮すべき5つのポイントを紹介します。

 

1. コストと機能のバランスをとる


もし格安のソフトウェアでも良いと考えるのであれば、無料のものや、有料でも月額数千円で使えるサービスが世の中に存在します。しかし、多くの場合は価格と機能はトレードオフになります。

無料で使えるソフトウェアは広告が表示され使い勝手が悪かったり、あるいはセキュリティ対策がもろくて患者さんの情報を安心して管理することが難しいかもしれません。

一方、クリニックごとに独自に作りこんだシステムを構築することで痒いところに手の届く使い勝手が良いシステムを備えることができますが、システム開発費用が多く必要となりシステム投資額を回収する成果を出せない可能性があります。

システム投資の際には費用対効果を考えることが大事です。システムに求める機能と予算を照らし合わせて、バランスをとれたシステムを選ぶという視点を持つべきです。

 

2. 全関係者を検討プロセスに巻き込む

自院のクリニックで使うソフトウェアを探す時には、全ての利害関係者を巻き込んで導入を検討したほうが良いと言われています。
自院のクリニックに関わる全ての人に現時点でどのような課題があるかを聞いてみましょう。全ての課題を洗い出した後に、歯科向けシステムを提供する企業に対して自院が抱える課題をシステム導入によりどのようにして解決ができるかを尋ねることで、より課題課題解決につながるシステムを選択することができます。

 

3. 新システムへの期待を明確にする


新しい歯科システムを探す行為は医療スタッフの採用に似ているのかもしれません。

人材を採用する際は、新たに加わる人にどういった仕事をしてもらいたいかを明確にした後に、候補者との面接に挑むと思います。電話予約の対応が多くて受付スタッフを採用しようとする場合は、電話対応に長けた人が採用候補者になるでしょう。採用候補者の募集要項を決め採用活動を行うように、歯科向けシステムに求める要件を明確にした後に、システム会社を探し最適な選択をしましょう。

 

4.  医療スタッフを含め関係者全員の満足度を考える


一般的に、価値ある業務システムとはシステムを操作していて楽しいという感情が生まれるものだと言われています。医療スタッフは歯科システムを毎日使うことになるので求める要件は多くあります。

医療スタッフはなるべく手間をかけずにシステムを使いこなしたいと考えていますので、システムを選ぶ際は、機能だけではなく画面のわかりやすさなどの使い勝手にも注意を払い検討したほうが良いでしょう。

 

5. 常に改善されるシステムであるかをチェックする


診療技術も患者さんの要望も時と共に変わるものです。現在、利用している歯科システムは外部環境の変化に応じたシステムアップデートを行っていますでしょうか。

老舗の歯科向けシステムは定番の機能を備え昔ながらの技術を使いサービスを提供していることで使い勝手は良いかもしれません。しかしながら、年月と共に変化するシステム利用者の要望を満たすサービスには進化していないと、現代では使えないシステムになってしまう可能性があります

継続的に進化するシステムを利用することでクリニック経営が継続的に進化できるという事を、システム導入の際の視点として意識したいです。

 

まとめ


歯科向けシステムを導入する際は機能と価格を選定基準に定めることが多いです。

しかし、価格や機能だけで導入するシステムを決めてはいけません。システム導入の目的を整理し、毎日利用する医療スタッフがストレスなく操作できるシンプルさを備えているか、そして利用者の要望変化や技術進化に応じてシステムを絶え間なくバージョンアップさせるシステム会社であるかも確認すべき点です。

 

prodoctor 診察予約

Leave a Reply