クリニックの働き方改革!医療従事者の離職率を減らす6つの工夫

考える医師の図

すでに歯科クリニック運営で成功を納めているのであればご存じだと思いますが、継続したクリニックの成長の背景には高いモチベーションをもった信頼できるチームが必ずあります。

優秀なスタッフの離職はどんな事業においても大打撃です。歯科クリニックにおいては優秀なスタッフ一人の離職は、他のスタッフに業務上のさらなる負荷が課せられるだけでなく、職場環境に動揺を招くことがあります。

優秀な歯科衛生士や受付スタッフが定着して働いてもらうためには、いくつかの工夫すべきポイントがあります。 当記事ではスタッフが離職せずに長年働いてくれるための6つのヒントを紹介します。

 

1. 適切なスタッフを雇う


新しく人を雇用する際にえり好みするのは決して悪いことではありません。スタッフの募集をする前に細かく職務内容を決めて、どのような人材が採用候補者になるかを明確に定めておくと面談の際の比較対象が容易になります。

最も適した人材がどういう人物かは採用を決定する人でしかわかりません。過去の経験や前向きで向学心を持った人物像であるかなどは定番の人材要件ですが、各クリニック独自に必ず重要となるポイントは見逃してはなりません。

 

2. グループ行動を取り入れる

あるアメリカの人材マネジメント協会の調査によると、調査対象の44%が同僚との関係性を「とても重要視」していると回答しております。多くの人は安心して働ける環境を求めており、就業時間を共にする仲間とは友好な関係を築いていたいと考えています。 どうやればこのような関係性を育むことが出来るか考えてみましょう。

ひとつはグループ行動を企画することです。医院内の同僚がお互いのことを知るきっかけ作りをしてみましょう。複雑に考えることはなく、チームミーティングやランチなどを共にするだけでも構いません。スポーツを一緒にする、ピクニックやバーベキューといった少し大掛かりなイベントも効果があるでしょう。

 

3. 高い成果を生むスタッフを表彰する


業務内容の範囲を大きく越えるパフォーマンスを発揮しているスタッフを表彰しましょう。それには様々な方法があります。

もしスタッフを何名も抱えている歯科クリニックであれば、月間優秀賞などの形で表彰するのもいいでしょう。優秀賞を獲得したスタッフのインタビューなどを掲載した社内報やメールマガジンみたいなものを配布してもいいかもしれません。 小規模な医院の場合でも、週次や月次のスタッフ会議などで功績を讃えたりするのが良いでしょう。ちょっとした気遣いがスタッフのやる気に大きく影響を与えることがあります。

 

4. スタッフ同士の衝突に気をつかう


いつもは仲の良いスタッフでも、定期的に衝突が発生します。小さなことが後で大事になったり、少しの勘違いが医院全体を巻き込む事件になったりしないようにするのは管理者となる事務局長や院長の責任です。ちょっとしたことがスタッフの不注意などを招き、医院全体に悪影響を及ぼすことにならないよう気をつけましょう。

 

5. トレーニングなど内外含めた成長機会を提供する


自院の医科衛生士や事務スタッフには常に最新の医療技術に精通していて欲しいと思いませんか?

スタッフには積極的にトレーニングや講習会などに参加するように促してみましょう。さらにはその費用を医院で負担することも検討しましょう。スタッフのレベルがあがることで費用対効果も実感できるようになるでしょう。

パフォーマンスレビューなど定期的な評価を行うこともスタッフの成長を促す方法です。マイナス面ばかりを指摘するのではなく多角的に評価することや、スタッフひとりひとりが自身の成長に向けて自ら理解するように働きかけましょう。各スタッフが目標を理解して、達成できるように手助けをすることが大事です。

 

6. 他に見劣りしない福利厚生を用意する


スタッフの福利厚生には気を使うべきです。健康保険などは当然として、どういう待遇が用意されているかは大事なポイントとなります。給与やボーナス等の金銭的な報酬で無理をする必要はありませんが、福利厚生に加えて退職金プログラムなどを事前に考慮するなどは検討しても良いかもしれません。

年次休暇などの休暇日数を潤沢に与えるなどもひとつの方法です。前向きなワークライフバランスを保つためにできることを吟味してみましょう。

 

まとめ


これらのヒントは歯科クリニックにおけるスタッフの離職を抑える手助けになるかと思います

スタッフが職場に満足しているとより仕事に注力してくれるため、結果的に医院全体のためになります。惜しまず人材に投資を行うことで、スタッフの離職に悩まされることなくクリニック経営をできるようになるでしょう。

 

prodoctor 診察予約

Leave a Reply