医療システムの見直す5つの予兆

a4417f9c7b619dfe24312cb8ed59f3a6_s

電子カルテやレセコンなどの医療システムの選定は簡単な作業ではありません。毎日使うシステムですので、時間をかけて情報収集して慎重に選ぶドクターも多いでしょう。ましてや、現在使用しているシステムの切り替えとなると変化も大きくストレスとなります。

しかしながら、不便なシステムを使うことで医療業務の足かせとなり日々の仕事を煩雑にしている可能性があることも忘れてはいけません。
以下に記載する5つの事象が頻繁に発生するようであれば、それは現在利用されているシステムの見直しタイミングが近づいていると言えるかもしれません。

 

1. 医療システムが仕事の効率化につながっていない


例えば、通常は電子カルテを使えば紙のカルテよりも効率的に治療情報を管理できます

しかし、電子カルテを操作するよりも紙のカルテをめくるほうが効率的だと感じてしまうのであれば、何かがうまくいっておりません。導入したての期間は別として、本来業務システムとは直観的に操作でき業務を簡単にするシステムであるべきです。

もし、システムを使うことで余分な負荷が増えたり生産性が向上しないのであればシステムの切替えを考えてみましょう。

 

2. 毎月支払うシステム維持費の負担が大きい


いくつかの医療システムは、導入後にも毎月のシステム維持費がかかります。その維持費は正当な対価とみなせる金額でしょうか?
毎月のシステム維持費を見つめなおし、出費に合うだけの効果が出ているのかを考えてみましょう。機能のアップグレードにより追加料金を支払わなければならない状況であれば、一度立ち止まりシステムの費用対効果について再考するべきです。

医療システムの切り替えは検討コストがかかりますが、適切なシステムを選ぶことで長期的な観点で見ると大きなコストダウンにつながる事もあります。

 

3. システムが自院の業務内容にあわない


システムベンダーや製品が良し悪しではなく、自院の業務のやり方に合ってなくうまくシステムを使いこなせない場合があります。
その場合は、業務のやり方を見直ししても、医療スタッフにシステム操作方法を再教育しても、求める効果を得ることができません。

このような状況では、まずは自院が欲しいシステム機能や改善したい課題を一覧化してみましょう。また、今の医療システムに欠けている機能を洗い出すことが重要です。こうした検討を通じて明らかにした要望一覧をもとに、自院の業務プロセスに合うシステムの導入を再検討しましょう。

 

4. 長期間放置されたシステム不具合が存在する


もし、あなたがパソコンに向かって「またエラーが起きた」と頻繁につぶやいているようであれば迷わずシステムの切り替えを検討しましょう。

システムベンダーが長い間不具合を放置しなければならない理由はありません。不具合を解消しようとしないベンダーと長々と付き合う必要はないです。
もし、そのシステム不具合により患者さんを待たせたり、満足度を下げてしまうような結果につながるのであればシステムの切り替えを見直すタイミングと言えるでしょう。

 

5. システムの進化が止まっている


20年前から進化のないシステム画面レイアウトであったり、患者さんからシステムの古くささを指摘されたことはありませんか?一般企業の業務システムと同じように、テクノロジーの進化に伴い医療システムも日々進化され続けるべきです。

システムの切替えは労力のかかる仕事ですが、古いシステムを使い、低い生産性のまま仕事を続けることは長期的に見ると大きな損失です。
技術進化をうまく取り入れているシステムを利用することで、医療経営の改善や医療スタッフのワークライフバランスを向上させる事ができるかもしれません。

 

prodoctor appointment_logo2