診療所の口コミ対策!ネット上の評判を高める3つのステップ

物やサービスを購入する時にインターネットで口コミを見て比較検討をしたことがある方であれば、ネット上での評判を管理することがどれだけ重要かはお分かりでしょう。ネットで良い評判を得るためには、ドクターやクリニックのブランディングについて考えなければなりません。

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、誰でも簡単にインターネットにアクセスできる環境が整備されてきています。患者さんが簡単に他のクリニックとの違いを比較検討できるようになり、自院の独自性を明らかにすることはクリニック経営において重要な活動です。

ネット利用が当たり前の現代社会において、ネット上でのドクターやクリニックの評判をより良いものにするために行うべき3つのステップをご紹介します。

1. 自身の氏名でネット検索をしてみる


多くの患者さんはクリニック名やドクターの氏名でネット検索をして、特徴や評判などの情報を収集しています。GoogleやYahoo!のような検索サイトでドクターご自身の名前を入力してみましょう。ご自身の名前と一緒に、在席するクリニックの最寄り駅や区市名などを一緒に入力して検索することで、より精度の高い検索結果が表示されます。

患者さんが、ドクターご自身やクリニックに対してどのようなコメントをしているかチェックしてみましょう。

2. クリニックの口コミ情報を見てみる

ネット上を探せば、クリニックに対する口コミが掲載されたWebサイトがいくつか見つかるかと思います。自院に対してどのような口コミが投稿されているか見てみましょう。

自院に対して何も口コミがないという状態は、良い面と悪い面の両方の意味を含みます。否定的な口コミがないことは勿論好ましいですが、自院を称賛する口コミがないということは、クリニックを探す患者さんの目に止まるチャンスを失っているとも言えます。

3. ブランド構築方法


病院口コミサイトに自院の口コミ情報が少ない場合はどうすればよいのでしょうか?その際は、医療スタッフから患者さんに口コミ登録をしてもらうようお願いするのが効果的です。

また、診察予約システムを使えば、Web経由で予約をした患者さんに対して診療後にメールを送ることができます。当メールに口コミ投稿依頼の一文を掲載することで、手間をかけずに患者さんに口コミ登録をお願いすることができます。

患者さんの満足度を知りネット上での評判を高めるためにも、診察後に患者さんの声に耳を傾け、診療の感想をオープンにすることが重要です。ネット上に自院の口コミ情報を集めることは時間を要する活動ではありません。ネットでの評判を軽視することで、患者さんが来院する機会を失っていることもあるでしょう。

患者さんに良い治療体験をしてもらい好意的な口コミ投稿がされ、その結果、ネットでの評判を見た人が新患として来院するサイクルを作れれば、広告費用をかけずに新規の患者さんを迎えることができるかもしれません。

まとめ


ドクターやクリニックに対するネット上での口コミ情報は、医療経営において無視できない影響を与えます。まずは、現状の口コミ評価を調べることで問題点を確認する事から始めましょう。
患者さんに口コミ投稿をお願いすることは少しためらいがあるかもしれません。診察予約システムを活用することで、診察後の口コミ投稿を自動メールでお知らせすることができます。ネット上での口コミ情報を充実させたいと思う方は、診察予約システムの導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

prodoctor 診察予約

Leave a Reply